データ消去の必要性を理解して、パソコン廃棄の際に行なう方法を確認しよう

パソコンのデータを消す

大量のノートPC

データ消去が必要な理由

パソコン廃棄の際に特に重要になるのが、ハードディスクのデータ消去になります。パソコンには自分が想像している以上に個人情報や色々なデータが入っています。パソコンのデータを消去しないまま、誤った方法で処分してしまうと、データの流出や悪用されるリスクが上がります。故障していてもパソコンのデータを消去する大事さを、よく理解しておきましょう。

流出する危険がある個人情報

個人情報の取り扱いが非常に厳しくなった現代では、パソコンのデータを消去してきちんと処分する意識が非常に高まってきました。また、データを全部消去したと思っていても、次のような情報がまだ残っている可能性がありますよ。例を挙げるとメールソフトの設定情報や署名、アドレス、ブラウザの情報(クレジットカード情報、ショッピング履歴)などが残っていないか、注意が必要です。

情報流出で招くトラブル

もしパソコンに残ったデータが第三者の手に流出してしまうと、どのようなトラブルが発生してしまうか確認してみましょう。基本的にメールアドレスや個人情報が流出して悪用される、保存していた写真などがネット上に流出、クレジットカード情報が洩れて被害に遭うことが考えられます。パソコンのデータは一度流出してしまうと、止めることは困難です。そのため、後悔しないためにもデータ消去は確実に行なう必要があります。

完全にデータを消去するには

データを消去する必要性について確認しましたが、パソコンが苦手な人はどうやってデータを完璧に消去すればいいのか分からないことがあるでしょう。そんなときは、やはりデータをちゃんと消去してくれる業者にパソコン廃棄回収を依頼すれば良いのです。専門の技術を使用して確実にデータを消去してくれるので安心ですね。また、買取の際もちゃんとデータを消してくれるので心配はいりません。

業者が行なうパソコンのデータを完全に消去する方法

ソフトウェアによるデータ消去

専用のソフトウェアを使用して、ハードディスクを1つ1つ丁寧にデータを完全に消去していきます。なお、専用のソフトウェアによっては不安定なものもありますが、業者が利用するソフトは信頼できる協会が認定したものしか使用していません。

物理的な破壊

ハードディスクなどの記録媒体に対して、4本のピンで約3トンの圧力をかけて穴を開けていき、物理的に破壊していきます。1回あたり10秒程度で穴あけ処理をすることが出来るので、大量のハードディスク破壊にも対応できるでしょう。

磁気によるデータ消去

非常に強い磁場を瞬間的に照射して、ハードディスクなどに記録されているすべてのデータを一瞬で完璧に破壊することが出来ます。そうすることで、データの読み取りなどは不可能になります。なお、使用OSなどに関係なくデータを消去することが可能ですよ。

論理消去機を使う

ハードディスクのデータ領域に対して、まずは0を1周り上書きして、次に固定値を1回上書き、最後に乱数を1回上書きをして、合計3回の上書き処理後に検証を行ないデータを消去する方法になります。米国国防省規格に準拠した法式を採用してるので、安心です。

特許技術によるデータ消去

通常なら廃棄となるハードディスクでも、特許技術を用いて完全にデータを消去することが出来ます。また、データの消去と合わせてレアケースの回収が可能になっているので、自然環境に関する問題の改善にも努めてるでしょう。

パソコン廃棄で気を付けたいポイント

業者に頼んでパソコン廃棄を行なう場合は、回収後のパソコンのデータはもちろんですが、元に戻すことは出来ません。そのため、必要としているデータは必ずバックアップを取るようにしましょう。

広告募集中